<   2009年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

11月28日

「 This is it 」を観て、
今年のロンドン公演は本当に実現しようとされていたのだな、すごいなあ、とか、
スムースクリミナル をじっとしながら聴くのは無理っす、とか、
ギターの女の子のかわいらしさ、
マイケルの伸ばした時の声の懐かしくて温かい感じ、ものすごい歌の上手さ、
カウントしないダンス、
たまらない2時間を味わえたことを大満足していました。

そのことには変わりなくて、出来ることなら、家で、適当に踊ったり、べらべら歌ったりもしながら、
何度でも観て過ごしたいな、と心から思います。

それでも、今朝、1995年のMTV music award のライブの映像を観ていたら、
マイケルの体つきのあまりにも大きすぎる違いに愕然となり、
(このときは、もう、本当に美しくてエネルギーに満ちたダンサーの体つき)
「あんな薄くなってしまった体で、なんて大仕事を引き受けてしまっていたのだよ、マイケル!」
と、胸が痛くなりました。

才能は薄まっていないから、いざとなれば、誰にも変え難い素晴らしいステージが出来て
いたのかもしれないし、観られるものなら観たいけれど。

ロンドン公演は、健康状態が思わしくないマイケルにとって、
命掛けの物凄い挑戦だったのだな、と思いました。
[PR]
by tohki-hirao | 2009-11-28 15:46

11月7日

1週間ほどまえに行った洋食屋さんのメニューには、
「後味の良さはおいしさであり、材料の良さであり、云々・・・」と書かれていて、
「そう、そうよねぇ。」と、心の中でうなずいたことを、昨日、BOSSの缶コーヒーを飲みながら
(金色の缶のタイプ)思い出しました。

コーヒーの甘みとお砂糖の甘み。
とろっとして、生のチョコレートを食べたときのような存在感のあるしっかりした味なのに、
インスタントのものを食べたときにいつまでも口の中にべたべたとまとわりつくような
嫌な感じが全く無くて、とても美味しかったのです。

会社勤めをしていたころは、人の好みとかコーヒー自体を飲めるかどうかとか、
くよくよ余計なことを考えずに、ほいっと缶コーヒーを差し入れてくれる上司や取引先のおじさん方の
その「ほいっ」に、たくさん助けられていたなあ、と思います。
[PR]
by tohki-hirao | 2009-11-07 17:28