11月28日

「 This is it 」を観て、
今年のロンドン公演は本当に実現しようとされていたのだな、すごいなあ、とか、
スムースクリミナル をじっとしながら聴くのは無理っす、とか、
ギターの女の子のかわいらしさ、
マイケルの伸ばした時の声の懐かしくて温かい感じ、ものすごい歌の上手さ、
カウントしないダンス、
たまらない2時間を味わえたことを大満足していました。

そのことには変わりなくて、出来ることなら、家で、適当に踊ったり、べらべら歌ったりもしながら、
何度でも観て過ごしたいな、と心から思います。

それでも、今朝、1995年のMTV music award のライブの映像を観ていたら、
マイケルの体つきのあまりにも大きすぎる違いに愕然となり、
(このときは、もう、本当に美しくてエネルギーに満ちたダンサーの体つき)
「あんな薄くなってしまった体で、なんて大仕事を引き受けてしまっていたのだよ、マイケル!」
と、胸が痛くなりました。

才能は薄まっていないから、いざとなれば、誰にも変え難い素晴らしいステージが出来て
いたのかもしれないし、観られるものなら観たいけれど。

ロンドン公演は、健康状態が思わしくないマイケルにとって、
命掛けの物凄い挑戦だったのだな、と思いました。
[PR]
# by tohki-hirao | 2009-11-28 15:46

11月7日

1週間ほどまえに行った洋食屋さんのメニューには、
「後味の良さはおいしさであり、材料の良さであり、云々・・・」と書かれていて、
「そう、そうよねぇ。」と、心の中でうなずいたことを、昨日、BOSSの缶コーヒーを飲みながら
(金色の缶のタイプ)思い出しました。

コーヒーの甘みとお砂糖の甘み。
とろっとして、生のチョコレートを食べたときのような存在感のあるしっかりした味なのに、
インスタントのものを食べたときにいつまでも口の中にべたべたとまとわりつくような
嫌な感じが全く無くて、とても美味しかったのです。

会社勤めをしていたころは、人の好みとかコーヒー自体を飲めるかどうかとか、
くよくよ余計なことを考えずに、ほいっと缶コーヒーを差し入れてくれる上司や取引先のおじさん方の
その「ほいっ」に、たくさん助けられていたなあ、と思います。
[PR]
# by tohki-hirao | 2009-11-07 17:28

10月18日

平尾は空港が近いので、飛行機がぶおーっと近くを飛び交う音が
頻繁に聞こえてきます。

今日も、とても良い青空が広がっていて、飛行機の音が聞こえるのに合わせて、
ときどき空を見上げていました。

青空には、断トツ JAL だなあ!と。

青と白と赤の組み合わせが、なんてきれいなんだろう、と思いました。
[PR]
# by tohki-hirao | 2009-10-18 16:27

10月12日

美術館の正式名称は、「国立新美術館」でした。
すみません。
何で、「新」がふたつも付くのだろう・・・と不思議に思ってはいたのですが!
凄い思い込みでした。

野口里佳さんの写真、例えばブレッソンの作品のように、ザ・決定的瞬間!という印象ではないけれど、
写真として残されている風景は、決定的な瞬間には変わりはなくて、
そのことが、1枚1枚、順を追って見ているうちに、じわじわ、じわじわと身に染みてくるところが、
素晴らしかったです。

その時、その瞬間は、本当に一度だけ!という、真実を思い知らされ、
果てしない根気仕事の素晴らしさに目が眩み、
斬新かつ、とても丁寧な展示に心が温まりました。
[PR]
# by tohki-hirao | 2009-10-12 19:44

10月8日

10月6日(火) 20:00 福岡発、
10月8日(木) 07:55 東京発 という、 ケチケチな釜山3日間ツアーのようなスケジュールで
東京へ行ってきました。

航空券を予約したとき、いったいどういう気持ちだったのだろう。

それでも、新東京国立新美術館(新が2つも!)で行われていた野口里佳さんの展覧会の
素晴らしさのおかげで、忘れ難いような良い旅になりました。
[PR]
# by tohki-hirao | 2009-10-09 10:48

9月15日

「ブザービート」の最終回は、昨日ではなく、来週の月曜日でした!すみません。

やっと一緒になれた二人が、夢を叶えるために離れ離れに。
涙を流しながらも別れを決意する二人。
軽井沢と東京って、車でも3時間かからないくらいじゃ・・・、と思いましたが、
二人の泣き顔がとても清らかでかわいくて、白けた気持ちには不思議となれませんでした。
[PR]
# by tohki-hirao | 2009-09-15 13:12

9月15日

久し振りに月9が熱いぞ!と思って見ていたら、
「ブザービート」、今日で最終回のようです。

日本の恋愛ドラマの場合は、登場人物の人たちと自分の年齢が若干離れていると、
(今回は、+10歳くらい?)素直に楽しめるのかも、と思いました。

3日、とか、10日間の出張の間で・・・とか、そんな短い時間で、気持ちが近づいたり離れたりしたら
実生活では面倒で嫌だなと思うのですが、毎週、とても楽しみにしていました。
(北川景子さんと貫地谷・・・なんとかさんが痩せ過ぎてないところが素敵!)
[PR]
# by tohki-hirao | 2009-09-14 20:58

8月11日

今日のTohkiは、大谷哲也さん、桃子さんの作品展の最終日。

開店時間(午前11時)間もなくでも、窓を開けると、もやーっとすごい熱気が部屋に入ってくるほどの暑さ
でした。

そんな中、最後までじっくり作品を見て下さるお客様にお越しいただけて、ほくほくした気持ちで
展を終えることが出来ました。

Mさん、「私、また、最終日の最後に来てしまって・・・。」と、遠慮されていらっしゃいましたが!
私は、最後の最後を一緒に過ごして頂けて、とても嬉しかったです。
本当にありがとうございました。

また、期間中に足を運んで下さったみなさまも、ありがとうございました。
[PR]
# by tohki-hirao | 2009-08-11 20:34

8月10日

クレイジーケンバンドの歌には、
「ああ、そうだ!大事なことは、そこなんだよ。」
という部分が、必ずどこかにある、という気がします。

昨夜はテレビで「タイガーアンドドラゴン」と「ガールフレンド」を歌う
横山剣(さん)にしびれました。

NEW Album 「 ガール!ガール!ガール! 」 は、明後日12日に発売!
[PR]
# by tohki-hirao | 2009-08-10 11:47

7月5日

土曜日の夕方、六本木の交差点で信号待ちをしていたら、
道路を挟んで向い側に、「BAD」Tシャツを着た男性の姿が目に入りました。

隣にいたIさんに、「BADのTシャツ・・・・」と、小さな声で話しかけたら、
「うん、やっぱり、気になるよね」とIさん。

それからしばらく、マイケル・ジャクソンのことについて、
ゆっくりゆっくりと語りながら、一緒に歩きました。

私は、追悼番組や活字になった評価などは、出来ればあまり見たくなくて、
マイケルの音楽やパフォーマンスに、心を動かされてきた誰かと
話しがしたかったのだ、と、一通り話し終わってから気付きました。

「武道館のライブで『human nature』の演奏中に、でーっかいミラーボールが
 きらきら廻りだしてね。
 もう、あんまりきれいで、だーっと泣いちゃって」
と、Iさんが話すのを聞きながら、少し泣いて、じんわり温かい気持ちになりました。
[PR]
# by tohki-hirao | 2009-07-05 19:19